同業他社が開設の口コミサイト不当評価で提訴

 大阪市の住宅リフォーム会社が、インターネット上の口コミサイトで不当に低い評価をされた事で営業を妨害されたとして、口コミサイトの開設者に約260万円の損害賠償を請求する訴え起こしました。

 サイトの管理人はリフォームマニアと称して、25社の住宅リフォーム会社を口コミと共にランキング形式で紹介していました。原告の会社は10位以下にランキングされ、「過大な費用を請求している」などのネガティブな口コミが書かれていました。

 ランキングの1位は大阪市内に本社がある業界大手で、100件を超えるポジティブな口コミが掲載されていましたが、サイト管理者は原告が名誉毀損で訴えた起訴の中で、1位にランキングされた会社の依頼を受けて口コミサイトを作ったことを明かしました。

 と言う事で、原告の会社は「サイトのランキングは恣意的に作られたもの」として1位の会社を8月に提訴しました。

 同業他社の依頼で作られたサイトだったというわけです。これは、自作自演の疑いが強いですね。口コミの投稿を詳しく調べれば、どこから投稿されたのかが判りますので、事実関係は今後明らかになっていくでしょう。

福岡で3億8千万円奪われる

 20日午後0時半ごろ、福岡市中央区天神1の路上を通行中の男性が、現金3億8400万円入りのスーツケースを奪われる事件がありました。

 被害に遭ったのは東京都足立区の男性会社員(29)で、みずほ銀行福岡支店(福岡市中央区天神1丁目)で現金3億8400万円を下ろし、近くの駐車場に止めた車に積もうとした時に二人組の男にスプレーを噴射されるなどして現金入りのスーツケースを奪われたと言う事です。

 多額の現金を下ろした男性が狙われた、と言うのは偶然でしょうか?。この男性がこの日に多額の現金を下ろすことを知っていた何者かが犯行を企てた、と考えるのが自然とお思えます。

 この件で、福岡県警は福岡空港国際線ターミナルで、多額の現金を持って韓国へ出国しようとしていた韓国籍の男数人の身柄を確保したそうです。韓国籍の男は、約3億円の現金を持っており、事件への関与が疑われています。

 現金を奪って則出国、と言うのは相当計画的な物を感じます。この事件、何か色々裏がありそうな予感がします。

ブラックベリー、ハードウエア事業から撤退

 ブラックベリー・リミテッドの28日発表によると、同社はスマートフォンなど全ての携帯端末の自社生産を終了。今後はセキュリティーなどソフト事業に注力するそうです。

 ブラックベリー・リミテッドはカナダの通信機器メーカーで、かつてはリサーチ・イン・モーション・リミテッドと言う社名でした。携帯端末のBlackBerryで知られ、かつては欧米のビジネスマンを中心に広く支持され、175カ国で7000万人以上が利用し、1億5千万台以上が販売されました。

 スマーフォンの元祖、とも言うべき機能で一世を風靡、一時はノキアに次ぐ世界2位のシェアを誇ったBlackBerryでしたが、アップルがiPhoneを発表、Andoroid端末が普及するとたちまちシェアを失い、2012年第4四半期の世界シェアは3.4%、アメリカ市場でのシェアも2%にまで落ち込みました。

 BlackBerryはビジネスマンを中心に支持を得ましたが、それ以外の層には浸透しきれず、そこをiPhoneやAndoroidのスマートフォンに突かれて形勢が逆転。姿を消すことになりました。

ロシア最高裁、オウム真理教をテロ組織と認定

 タス通信の報道によると、ロシアの最高裁判所が20日、オウム真理教を「テロ組織」と認定。ロシア国内での活動を禁じる決定を降したそうです。

 オウム真理教と言えば、1995年に長野の住宅街や東京の地下鉄に毒ガスの「サリン」を散布して、合計1000人以上を殺傷した日本犯罪史上最悪のカルト集団です。サリン自体、過去に人間に対して使われたことの無い毒ガスで、それが世界的な大都市で使用されたことに世界中が震撼しました。

 そのオウム真理教、早くからロシアに進出して多数の信者を獲得。2011以前からモスクワとサンクトペテルブルクでは、オウム真理教から派生した「アレフ」が宗教団体として活動を開始。インターネットを利用した違法な募金活動も確認されています。

 こうした動きを受け、ロシア連邦最高検察庁はオウム真理教を「テロ組織」と認定するよう求め、ロシア最高裁がテロ組織と認定する決定を降したものです。

 そう言えば、ロシア系の信者が逮捕された教祖の麻原奪還を計画している、なんて話も一時ありましたっけ。