福岡で3億8千万円奪われる

 20日午後0時半ごろ、福岡市中央区天神1の路上を通行中の男性が、現金3億8400万円入りのスーツケースを奪われる事件がありました。

 被害に遭ったのは東京都足立区の男性会社員(29)で、みずほ銀行福岡支店(福岡市中央区天神1丁目)で現金3億8400万円を下ろし、近くの駐車場に止めた車に積もうとした時に二人組の男にスプレーを噴射されるなどして現金入りのスーツケースを奪われたと言う事です。

 多額の現金を下ろした男性が狙われた、と言うのは偶然でしょうか?。この男性がこの日に多額の現金を下ろすことを知っていた何者かが犯行を企てた、と考えるのが自然とお思えます。

 この件で、福岡県警は福岡空港国際線ターミナルで、多額の現金を持って韓国へ出国しようとしていた韓国籍の男数人の身柄を確保したそうです。韓国籍の男は、約3億円の現金を持っており、事件への関与が疑われています。

 現金を奪って則出国、と言うのは相当計画的な物を感じます。この事件、何か色々裏がありそうな予感がします。

コメントを残す