アメリカのIT企業、好調

 アメリカのIT企業が絶好調です。アップル、アマゾンは四半期の過去最高益となり、グーグルの持ち株会社アルファベットも通期の売り上げが初めて1000億ドルを超えました。

 アップルが1日に発表した2017年第4四半期の決算によると、売上高は883億ドルとなり、前年同期比で約13%増。純利益は200億ドルで、同約12%増。共に増収増益で、四半期として過去最高益を更新しています。アイフォンの世界販売台数は前年同期から1%減少しましたが、高額モデルの発売で売る上げを押し上げました。

 アマゾンも同日、第4四半期の決算を発表。売上高は604億5千万ドルで前年同期比で38.2%増、純利益は18億6千万ドルで前年同期の2倍以上。年末商戦が好調で、クラウド事業も4割以上伸びています。

 アルファベットの第4四半期決算は、売上高が323億2千万ドルで前年同期比24%増しと市場予想を上回りましたが、税制改正の影響で一時的に発生した99億ドルを計上したため、最終損益が30億2千万ドルの赤字になっています。

 アメリカ経済は概ね好調が続いているようですし、トランプ政権の減税政策も寄与しているようです。

コメントを残す