東海大学、箱根駅伝で初の総合優勝

 2日と3日に行われた、第95回東京箱根間往復大学駅伝競走、通称箱根駅伝は、東海大学が初優勝を飾って幕を閉じました。

 往路は東洋大学が5時間26分31秒の新記録で2連覇、復路は5連覇を目指しながら往路で6位と出遅れた青山学院大学が5時間23分49秒のこちらも新記録で5連覇を達成しました。東海大学は往路復路共に2位で、往路と復路を共に優勝せず総合優勝した例は過去に7回です。

 横路優勝と復路優勝と総合優勝が全て別の大学、これは東海大学、青山大学、そして東洋大学のちからがそれだけ拮抗している証拠でしょう。

 東海大学陸上部は、1960年に同好会からスタート。出雲駅伝では過去4回優勝し、全日本大学駅伝でも2003年に優勝していますが、箱根だけは優勝がありませんでした。まさに、悲願の初優勝です。

総合成績は、
1位東海大学
2位青山学院大学
3位東洋大学
4位駒澤大学
5位帝京大学
6位法政大学
7位國學院大學
8位順天堂大学
9位拓殖大学
10位中央学院大学

ここまでが、来年のシード獲得。早稲田大学が12位に沈み、13年ぶりにシード権を失っています。

コメントを残す