脱メタボ、1年間で4人に1人

 厚生労働省が行った大規模な追跡調査によると、生活習慣病になりやすいメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と判定され、保健師らによる特定保健指導を受けた人のうち約4人に1人が1年間でメタボ状態を脱していたそうです。

 メタボリックシンドローム健診は国の医療費抑制策として2008年度に導入され、腹囲の基準(男性85センチ以上、女性90センチ以上)や血液検査等をもとに、メタボ、または予備軍と判定された人。その他腹囲が基準内でも、血圧などの数値に異常がある人も含め、食事の改善や適度な運動の継続などの保健指導を行うものです。

 メタボは放置しておくと、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の原因となるため、年々増大する医療費抑制策の一つとして検診が導入されました。そして、その指導の結果4人に1人がメタボ状態を脱したと言うことですが、これは果たして多いのか少ないのか?。今まで行われていなかった、ゼロだったことを考えれば進歩ではありますが。

コメントを残す