Jリーグが復興支援スペシャルマッチ

 6月11日、日本プロサッカーリーグは、7月21日(土)に県立カシマサッカースタジアム(茨城県鹿嶋市)で「東日本大震災復興支援 2012Jリーグスペシャルマッチ」を開催することを発表しました。この日大東和美Jリーグチェアマンと、選手を代表してベガルタ仙台の関口訓充、鹿島アントラーズの小笠原満男が会見を行ったものです。

 「Jリーグスペシャルマッチ」は、ベガルタ仙台、鹿島アントラーズ、東北出身の選手、海外招待選手からの選抜メンバーによる「JリーグTEAM AS ONE」と、仙台、鹿島を除いたJ1クラブから選出された「Jリーグ選抜」が対戦する復興支援チャリティマッチです。両チームの出場選手は、6月11日(月)18:00から受付開始するサポーター投票とJリーグ推薦により決定します。

 会見に出席した小笠原選手は「カシマスタジアムで開催していただけるということで、仙台とチームを組めることを非常に嬉しく思いますし、Jリーグを代表する選手たちといい試合をして、被災された方々にも喜んでいただくことができれば」
 関口選手は「この試合が盛り上がるように、また被災した地域に元気を与えられるようなプレーをできるように頑張りますので、僕に1票をお願いします」と、それぞれ意気込みを語りました。

 「東日本大震災復興支援 2012Jリーグスペシャルマッチ」は7月21日(土)19:00キックオフを予定。チケットの一般発売は6月23日(土)10:00よりはじまります。

コメントを残す