未公開株詐欺、元社長ら再逮捕

 福岡、佐賀、長崎、大分4県警の合同捜査本部は19日、東京都中央区のビルメンテナンス会社「東京メンテナンス」の未公開株を巡る詐欺事件で、別の出資者からも未公開株の販売名目で現金を騙し取ったとして、元社長で浜松市南区安松町の亀井正行容疑者(73)ら7人を詐欺容疑で再逮捕し、新たに元営業員で長野県佐久市塚原の田中克枝容疑者(39)を同容疑で逮捕しました。

 発表によると、他に再逮捕されたのは、同社の元総務部長・津田勝(67)(埼玉県狭山市富士見1)、元通商部長・武田英夫(57)(東京都中野区中央3)、元株式公開準備室長・早川誠(65)(同板橋区宮本町)の各容疑者らで、8人は共謀し、同社が債務超過状態であるにもかかわらず、上場予定と偽った上で2009年1月~10年3月、福岡県の女性(84)ら5人に対し、「上場すれば1株(35万円)が数百万円になる」などと未公開株の購入を勧誘し、計555万円を騙し取った詐欺の疑いがもたれています。亀井容疑者は「未公開株を販売したことは知らなかった。指示もしていない」と否認しているという事です。

 これも典型的な未公開株詐欺です。一時はやったあと下火になったとおもいましたが、無くなる事はないようです、この手の詐欺事件は。一攫千金を狙う人間がいる限り、形を変え、手口を変え、繰り返されるのでしょう。

コメントを残す