中国、水増し統計相次ぐ

 中国で経済統計の水増しが相次いで発覚しているそうです。貿易統計は架空取引により750億ドル(約7兆円)も水増しされた疑いがあり、地方当局が工業生産を4倍近くに過大報告していたことも判明しているとか。

 中国税関総署によると、1~4月の中国から香港への輸出は前年同期比69.2%増の1451億ドルに急拡大していました。しかし当局が架空取引を取り締まった結果、5月の輸出は1~4月より大きく低下したというのです。中国紙の21世紀経済報道によると、1~4月の貿易統計に計上された架空取引の金額は750億ドルに上ったとの指摘があるそうです。
 また、国家統計局は6月14日、広東省中山市横欄鎮が2012年の工業生産額を62億9千万元(約970億円)も水増ししていたと明らかにしました。公表額は85億1千万元でしたが、国家統計局が調べると、実際は22億2千万元しかなかったということです。

 今更、って感じです。昔から中国で発表される数字には、常に捏造の可能性が指摘されきました。地方の数字の合計と、中央政府が発表した数字が合わないとか。世界第2位となったGDPも、実はまだ3位だったとか。

コメントを残す