トルコ、シリア国境でロシア軍機撃墜

 トルコ政府の24日発表によると、同国のF16戦闘機が同日、トルコ・シリア両国の国境付近を飛行していた国籍不明の軍用機1機を撃墜したそうです。

 トルコ政府の発表を受けてロシア政府は同日、同国のスホーイ24爆撃機1機が「シリア領内で撃墜された」事を明らかにしました。

 どうやらトルコ軍機がロシア軍機を撃墜したようです。トルコはシリア内戦で反体制派を支持し、アサド政権を支持するロシアとは対立関係にあります。

 シリアが内戦状態になって以降、ロシア軍機によるトルコの領空侵犯が頻発し、トルコ側は神経を尖らせていましたが、とうとうこう言う事になりました。

 この件についてトルコ側は、「5分間で10回の警告を行った後撃墜した」としています。しかしロシア側は領空侵犯を強く否定、対抗措置として外相のトルコ訪問中止。テロの脅威を理由に、ロシア国民にトルコへ渡航しないよう呼びかけました。

 フランスのテロとロシア旅客機墜落により、対ISで結束したかに見えましたが、思わぬ所で綻びが出ました。

コメントを残す