東海大学、箱根駅伝で初の総合優勝

 2日と3日に行われた、第95回東京箱根間往復大学駅伝競走、通称箱根駅伝は、東海大学が初優勝を飾って幕を閉じました。

 往路は東洋大学が5時間26分31秒の新記録で2連覇、復路は5連覇を目指しながら往路で6位と出遅れた青山学院大学が5時間23分49秒のこちらも新記録で5連覇を達成しました。東海大学は往路復路共に2位で、往路と復路を共に優勝せず総合優勝した例は過去に7回です。

 横路優勝と復路優勝と総合優勝が全て別の大学、これは東海大学、青山大学、そして東洋大学のちからがそれだけ拮抗している証拠でしょう。

 東海大学陸上部は、1960年に同好会からスタート。出雲駅伝では過去4回優勝し、全日本大学駅伝でも2003年に優勝していますが、箱根だけは優勝がありませんでした。まさに、悲願の初優勝です。

総合成績は、
1位東海大学
2位青山学院大学
3位東洋大学
4位駒澤大学
5位帝京大学
6位法政大学
7位國學院大學
8位順天堂大学
9位拓殖大学
10位中央学院大学

ここまでが、来年のシード獲得。早稲田大学が12位に沈み、13年ぶりにシード権を失っています。

大谷翔平、右肘手術か?

 メジャーリーグのロスアンゼルス・エンジェルスによると、同球団に所属する大谷翔平投手(24)の右肘靱帯に新たな損傷が見つかり、医師からトミー・ジョン手術を進められたそうです。

 大谷選手は今年6月、右肘の内側側副靱帯損傷と診断され故障者リスト入りしました。その際は自身の血小板を幹部に注入して靱帯組織を修復する、PRP注射と呼ばれる治療法を採用して手術は回避しました。

 7月に打者として復帰、今月2日にはアストロズ戦で投手として復帰、先発しましたが3回を投げて2失点で降板していました。その後、MRI検査で靱帯に新たな損傷が見つかり、医師からは靱帯を再建するためのトミー・ジョン手術を進められたと言う事です。

 しかし、手術勧告を受けた直後の6日に行われたレンジャーズのと試合、大谷はDHとして出場。2本のホームランを含む4安打、更に1盗塁と大活躍。ホームランは今シーズン18本目となり、日本人メジャーリーガーの1年目としては松井秀喜の16本を超え、城島健司と並ぶ最多タイを記録しました。

 手術を受けた場合、恐らく受けることになると思いますが、投手としての復帰は2020年になるでしょう。打者、特にDHとしてなら来シーズンからの復帰も可能です。

 アメリカのメディアでもこの話題は大きく取り上げられ、打者へ専念するべきとの声が高まっています。しかし、エンゼルスも大谷自身も二刀流を前提にする考えは変わっていません。

フェイスブック、偽アカウントを閉鎖

 交流サイト(SNS)世界最大手フェイスブックの15日発表によると、5億3800万の偽アカウントを閉鎖したそうです。

 また、8億3700万件のスパム投稿を削除。テロや暴力、性的な画像、ヘイトスピーチ等約3000万件についても削除や警告を行ったと言う事です。また、数千本に及ぶアプリを審査、その内不正の疑いがあるアプリ200件の公開を停止したと14日に発表しています。

 フェイスブックでは、2013年にケンブリッジ大学の教授が公開した診断アプリで約8700万人分の個人情報を収集、フェイスブックの利用規約に反して売却。その情報が2016年のアメリカ大統領選挙でトランプ陣営に利用されたことが判明、激しい批判に晒されました。

 ネット上ではフェイスブックのアカウントを削除するよう呼びかける運動が起こり、有力企業や著名人の一部が実際にアカウントを削除、株価は大幅に下落しました。

 事態を重く見たフェイスブックは透明性の向上に取り組み、今回のアカウント削除やアプリの停止になったものです。

アメリカのIT企業、好調

 アメリカのIT企業が絶好調です。アップル、アマゾンは四半期の過去最高益となり、グーグルの持ち株会社アルファベットも通期の売り上げが初めて1000億ドルを超えました。

 アップルが1日に発表した2017年第4四半期の決算によると、売上高は883億ドルとなり、前年同期比で約13%増。純利益は200億ドルで、同約12%増。共に増収増益で、四半期として過去最高益を更新しています。アイフォンの世界販売台数は前年同期から1%減少しましたが、高額モデルの発売で売る上げを押し上げました。

 アマゾンも同日、第4四半期の決算を発表。売上高は604億5千万ドルで前年同期比で38.2%増、純利益は18億6千万ドルで前年同期の2倍以上。年末商戦が好調で、クラウド事業も4割以上伸びています。

 アルファベットの第4四半期決算は、売上高が323億2千万ドルで前年同期比24%増しと市場予想を上回りましたが、税制改正の影響で一時的に発生した99億ドルを計上したため、最終損益が30億2千万ドルの赤字になっています。

 アメリカ経済は概ね好調が続いているようですし、トランプ政権の減税政策も寄与しているようです。