2012年問題

 超円高が一段落し株価も回復基調にあり、東北を中心とした復興特需など、国内景気にも底打ち感があるように見えます。しかし、日本経済を根底から揺るがしかねない危機が目前に迫っているといいます。不動産業界の「2012年問題」です。

 今年は東京都心で大規模ビルが相次ぎ完成し、オフィスビルの供給過剰により空室が増えて賃料が下がり、デベロッパーの経営が苦境に追い込まれる。以前から指摘されてきた、いわゆる不動産業界の「2012年問題」です。1月に千代田区や港区で複数の大規模ビルがまとまった面積の空室を抱えて竣工したこともあり、千代田区、中央区、港区、渋谷区、新宿区の東京都心5区では空室率が上昇して賃料は下落しているということです。

 オフィスビル仲介大手の三幸エステートの調査によれば、1月末日現在の都心5区の大規模ビル(基準階貸室面積200坪以上の賃貸オフィスビル)の空室率は6.39%で、前月比0.74ポイント上昇し、半年ぶりに6%台を記録したそうです。とくに築1年未満の新築ビルの空室率は前月の27.6%から10.8ポイントも増えて38.4%に達しています。

 そもそもの原因は日本経済の低迷による需要不足。これまで高い賃料を払ってきた外資系や金融機関が撤退やリストラをすすめ、またより安いビルへ引っ越したり本社を東京から移転するなどしている。

 中国の不動産バブルの崩壊が時間の問題と言われますが、日本はバブルも起きてないのに大ピンチです。

新型iPad販売、300万台を突破

 アップルの19日発表によると、日本・アメリカ・ヨーロッパなど10か国・地域で16日に発売した新型の多機能情報端末(タブレット端末)「iPad(アイパッド)」の販売台数が300万台を超えたそうです。

 前モデルは最初の3日間で100万台以上が売れるヒットでしたが、その勢いを大きく上回売り上げです。アップルはカリスマ創業者のスティーブ・ジョブスが昨年10月にパロアルトの自宅で亡くなっており、会社の行く先を不安視する声も上がっていましたが、先日17年ぶりの配当を発表、19日のNY株式市場では株価が最高値を更新するなど、勢いが衰える気配はありません。

 3日で300万台というのは凄い数字です。昨年ジョブスが死去する前には、アップルの時価総額がエクソンモービルを抜き、世界最大の企業となるなど、話題には事欠きませんでしたし、この2年間でタブレット端末の市場も広がっています。まだまだアップルに死角は見当たりません。

ノーベル賞化学者死去

 フロンによるオゾン層の破壊の可能性を指摘し、ノーベル化学賞を受賞したカリフォルニア大学教授のフランク・シャーウッド・ローランドさんが10日に亡くなったそうです。84歳でした。

 フランク・シャーウッド・ローランド教授は1974年、スプレーや冷蔵庫の冷媒などに使われるクロロフルオロカーボン (CFC)、いわゆるフロンガスがオゾン層を破壊することを初めて報告、フロンガス使用の規制の必要性をいち早く訴えた人物です。

 1980年代には実際に南極でオゾンホールが観測されるようになり、1987年にフロンガスを国際的に規制する「モントリオール議定書」が採択。これにより、主なフロンガスは1990年代以降全廃されれることになり、その功績により1995年にマサチューセッツ工科大学のマリオ・モリーナ、ドイツのパウル・クルッツェンと共にノーベル化学賞を受賞しました。

 1989年には日本国際賞を受賞し、1993年にはアメリカ科学振興協会の会長を務めています。

なでしこ歴史的勝利の視聴率は15.9%

 ビデオリサーチの6日発表によると、フジテレビ系が5日深夜に中継したサッカー女子アルガルベ・カップ、日本対アメリカの平均視聴率が関東地区で15.9%、関西地区で14.4%だったそうです。

 日本がアメリカに初勝利した試合です。昨年の女子ワールドカップの決勝戦、なでしこジャパンはPK戦の末アメリカを破って初優勝しましたが、これは記録上引き分けであり、アメリカには未勝利のままでした。と言っても、ポルトガルサッカー連盟が主催する大会で、位置づけ的にはワールドカップやオリンピックより下の大会で、しかも決勝戦でもない試合で尚且つ深夜の時間帯に15%は凄い数字です。

 女子ワールドカップで優勝してから日も浅く、なでしこジャパンの人気はまだまだ絶大です。しかも、なでしこジャパンはアルガルベ・カップで優勝経験がありませんので、その期待も大きかったようです。

 それにしてもアルガルベ・カップでこの数字なら、オリンピックで、しかも決勝戦だったら一体何%になるでしょうか?。