ブラックベリー、ハードウエア事業から撤退

 ブラックベリー・リミテッドの28日発表によると、同社はスマートフォンなど全ての携帯端末の自社生産を終了。今後はセキュリティーなどソフト事業に注力するそうです。

 ブラックベリー・リミテッドはカナダの通信機器メーカーで、かつてはリサーチ・イン・モーション・リミテッドと言う社名でした。携帯端末のBlackBerryで知られ、かつては欧米のビジネスマンを中心に広く支持され、175カ国で7000万人以上が利用し、1億5千万台以上が販売されました。

 スマーフォンの元祖、とも言うべき機能で一世を風靡、一時はノキアに次ぐ世界2位のシェアを誇ったBlackBerryでしたが、アップルがiPhoneを発表、Andoroid端末が普及するとたちまちシェアを失い、2012年第4四半期の世界シェアは3.4%、アメリカ市場でのシェアも2%にまで落ち込みました。

 BlackBerryはビジネスマンを中心に支持を得ましたが、それ以外の層には浸透しきれず、そこをiPhoneやAndoroidのスマートフォンに突かれて形勢が逆転。姿を消すことになりました。

ロシア最高裁、オウム真理教をテロ組織と認定

 タス通信の報道によると、ロシアの最高裁判所が20日、オウム真理教を「テロ組織」と認定。ロシア国内での活動を禁じる決定を降したそうです。

 オウム真理教と言えば、1995年に長野の住宅街や東京の地下鉄に毒ガスの「サリン」を散布して、合計1000人以上を殺傷した日本犯罪史上最悪のカルト集団です。サリン自体、過去に人間に対して使われたことの無い毒ガスで、それが世界的な大都市で使用されたことに世界中が震撼しました。

 そのオウム真理教、早くからロシアに進出して多数の信者を獲得。2011以前からモスクワとサンクトペテルブルクでは、オウム真理教から派生した「アレフ」が宗教団体として活動を開始。インターネットを利用した違法な募金活動も確認されています。

 こうした動きを受け、ロシア連邦最高検察庁はオウム真理教を「テロ組織」と認定するよう求め、ロシア最高裁がテロ組織と認定する決定を降したものです。

 そう言えば、ロシア系の信者が逮捕された教祖の麻原奪還を計画している、なんて話も一時ありましたっけ。

任天堂の偽アカウント、デマを拡散

 ツイッター上で「任天堂株式会社」をかたる偽アカウントが、同社が現在開発中の新型ゲーム機「NintendoNX」について、2017年3月25日に発売される等のデマ情報を拡散しています。

 この偽アカウント、アカウント名は「任天堂株式会社」となっていますが、ユーザーIDは「@guythefighter」で公式アカウントのID「@nintendo」とは違いますし、ツイッターの認証バッジもついていません。

 この偽アカウントはこれまで、「本体価格は3万9999円」、「『F-ZERO NX』 同時発売!」、更に中央にディスプレイが搭載された折りたたみ式コントローラーの画像等を投稿。8000回以上もリツイートされています。

 ちなみに任天堂の公式アカウントはNintendoNXについて、2016年4月に「2017年3月を予定しています」と発表していますが、その後詳細なスペックや、コントローラーの機能・形状につては明らかにしていません。

 公式アカウントと同じアカウント名は使えない、とか、何らかの対策をとらないと、今後も同じ事が繰り返されるでしょう。

小池知事、築地市場移転延期を表明

 東京都の小池百合子都知事(64)は、築地市場(中央区)の豊洲市場(江東区)への移転を、予定していた11月7日から延期することを発表しました。

 築地市場は東京都中央区築地にある公設の卸売市場で、東京都内に11か所ある東京都中央卸売市場の1つです。その規模は、日本はもとより世界最大級で、近年外国人観光客からの人気が高まり、観光地としても知られるようになっていました。

 開設されたのは1935年(昭和10年)で、施設は老朽化が進み、取り扱い数量の拡大によって手狭になった事もあって移転の話は2000年以前から出ていましたが、築地には1000近い(現在600程度)の仲卸業者がおり、中々話がまとまりませんでした。営業しながらの再整備工事も計画され、一部工事が実行されるなどしましたが、結局市場の営業活動に悪影響が出て、完成までに長期間を要するため断念。都は2001年に再整備を断念して豊洲への移転を決定、2004年に豊洲新市場基本計画が策定されました。

 しかし、移転先の豊洲で深刻な土壌汚染が発覚。地下水からも環境基準を超えるベンゼン、シアン化合物、鉛、ヒ素が検出されて移転反対運動が盛り上がり、2009年の衆議院選挙で移転に反対していた民主党が政権与党となり、都議会でも第一党になったことで移転計画は停滞しました。

 その後再び自民党が政権を奪還、都議会でも第一党に返り咲いた事で移転計画は進み、今年11月に移転することが決まっていました。

 小池知事は地下水モニタリングの最終結果が来年1月までかかることから、その結果を待って決断するとして、延期することになりました。