ロシア最高裁、オウム真理教をテロ組織と認定

 タス通信の報道によると、ロシアの最高裁判所が20日、オウム真理教を「テロ組織」と認定。ロシア国内での活動を禁じる決定を降したそうです。

 オウム真理教と言えば、1995年に長野の住宅街や東京の地下鉄に毒ガスの「サリン」を散布して、合計1000人以上を殺傷した日本犯罪史上最悪のカルト集団です。サリン自体、過去に人間に対して使われたことの無い毒ガスで、それが世界的な大都市で使用されたことに世界中が震撼しました。

 そのオウム真理教、早くからロシアに進出して多数の信者を獲得。2011以前からモスクワとサンクトペテルブルクでは、オウム真理教から派生した「アレフ」が宗教団体として活動を開始。インターネットを利用した違法な募金活動も確認されています。

 こうした動きを受け、ロシア連邦最高検察庁はオウム真理教を「テロ組織」と認定するよう求め、ロシア最高裁がテロ組織と認定する決定を降したものです。

 そう言えば、ロシア系の信者が逮捕された教祖の麻原奪還を計画している、なんて話も一時ありましたっけ。